虫歯予防

虫歯予防のための通院

虫歯になってから歯科で治療を受けるという人は多いですが、昨今では虫歯予防のために定期的に歯科に通うという人が増えてきています。歯石を除去したりフッ素を塗ったりすることで、虫歯のできにくい状態にしてもらうのです。 虫歯になると、その歯を削ったり抜いたりして、代わりに金属やレジンなど別の物体を入れることになります。それらは、はずれたり割れたり変色したりすることがあります。そしてその場合は、再び治療を受けることになります。状態が悪くなるごとに、半永久的に治療を繰り返すことになると言っても過言ではありません。 結局通うことになるのなら、虫歯の予防のために通った方が良いと考える人は多いです。予防のための処置は、虫歯治療と比べると料金が安いですし、歯を削ったりしないので痛みもありません。健康面にも経済面にも、メリットのあることなのです。

一生虫歯にならずに済む可能性も

また昨今では、自分の子供を赤ちゃんのうちから虫歯予防のために歯科に連れて行く母親が増えてきています。虫歯の原因となる虫歯菌は、一度歯に住み着くと、そのまま一生い続けることになります。しかし3歳までこの虫歯菌の感染を防ぐことができれば、その後は住み着かれてしまう可能性はかなり低くなります。一生涯虫歯で苦しまずに済むという場合も多いのです。 そのため3歳までの虫歯予防は、大人になってからの虫歯予防よりも有効と言えます。だからこそ多くの母親が、赤ちゃんのうちから歯科に連れて行くようになったわけです。 昨今では、乳幼児の虫歯予防を専門におこなう小児歯科も増えてきています。虫歯治療ももちろん必要に応じておこないますが、それ以上に、虫歯にしないためのフッ素の塗布や歯磨き指導、栄養指導などに力を入れているのです。