タイミングの判断

健康面からみても早めに治療しましょう

歯並びが気になったら、早めに歯科矯正治療を始めましょう。 治療開始時期は、早ければ早いほどよいのです。 歯科矯正を始めるのに最も適している時期は、永久歯が生えそろう小学校高学年ぐらいが一番よいとされています。 大人になってからでも歯科矯正治療は始められるのですが、症状によっては治療ができない場合もあります。 また子どものうちから治療を始めるメリットとして、治療にかかる期間も短く、費用も安くすむといったこともあげられます。 ですから、もし歯科矯正をするかどうか迷っているのであれば、少しでも早いうちに始めましょう。 最近は見た目だけの問題ではなく、歯や体の健康面からみても歯科矯正治療は大切だと言われているのです。

最近の歯科矯正治療について

現在は、歯科矯正治療に前向きに取り組む人も多くなってきました。 歯科矯正治療は、目立つ矯正器具がいやだという理由から、治療を迷っていた人も多いものでしたが、最近の器具は、目立たないものが出ています。 例えば、器具が透明になっているので装着していても目立ちません。また取り外し可能なマウスピースタイプもあります。 食事中や歯磨きの時は取り外せるので、大変便利だと好評です。 一般的な器具は歯の表面に取り付けるのですが、歯の裏側に取り付けることもできるようになり、器具が目立たないのでこの治療法も人気があります。 もっと最先端なものであれば、治療を逆手にとって、カラータイプの器具をつけることで、おしゃれアイテムとして活用している人もいます。