様々な治療法

矯正装置の歴史を見る

矯正治療は一昔前のものと比べると随分と様変わりしました。技術的な面でもそうですが、特にわかりやすいのが矯正装置や矯正器具です。 従来のものはワイヤーやブラケットを装着することで、正常な位置まで歯を動かしていました。しかし、近年ではワイヤーの使われないタイプの矯正装置が開発され、より患者の生活に馴染みやすいものが多く誕生したのです。 中でも、マウスピース型の矯正装置は透明、かつ着脱可能ということで職場などで働く大人の患者から注目が集まりました。透明なので周囲の人に気づかれませんし、着脱可能なので食事や歯磨き前に外すことができるのです。 これにより、日本における矯正治療の普及率が上がるものとされています。

歯列矯正の今後の動向

今後の歯列矯正は、より患者の生活に馴染みやすいものになると予測しています。先ほど述べた矯正用マウスピースもそうですが、このような矯正器具が重宝されるのはそれなりの背景というものがあります。 そもそも、日本の歯列矯正の普及率は先進国の中でも低く、積極的には行われていない治療でした。また、患者の大半が大人であることから、働きだしてから歯列矯正を行う人の割合が多いとされています。仕事に支障をきたすような矯正装置は選択外であり、いまいち治療に踏み切れないのは審美的原因があったからだとも言われています。 つまり、歯列矯正の普及率を上げるためには審美的にも優れている必要があるということになります。そして、今後も患者に合わせた矯正装置が開発されていくものと考えています。